育毛剤と発毛剤と養毛剤の違いとは?

市販育毛剤と市販発毛剤、市販養毛剤の違いは?

育毛商品には、それぞれ「育毛剤」と「発毛剤」、「養毛剤」というカテゴリがあるのをご存知ですか?

 

 

それぞれのカテゴリにどのような違いがあるのかご存知ですか??

 

 

どれを使えば薄毛に良いのか分らないという方も多いのではないでしょうか。

 

 

AGA対策をするにあたり、育毛剤と発毛剤、養毛剤、それぞれの効果の違いをハッキリさせておくようにしましょう!

 

 

育毛剤とは?

育毛剤は髪の毛の成長を促すものであり、かゆみやフケを抑えて薄毛を予防します。

 

 

育毛剤が狙いとする効果
  • 今生えている髪の毛を太くする。
  • 頭皮環境を整えたりして抜け毛を防いでくれる。
  • 髪の成長を促してくれる効果があります。

 

厚生労働省が許可をしている有効成分が配合されている商品もあるので、育毛に対して一定の効果は期待できます

 

 

【注意!!】育毛剤は医薬品ではない

市販の育毛剤は、医薬品ではなく医薬部外品です。

 

 

発毛剤と育毛剤は同じものだと思っている方もいますが、それぞれ別ものです。

 

 

配合されている有効成分の濃度は低く、薄毛の治療ではなく、予防を目的としている商品が多いです。

 

 

育毛剤はどんな人におすすめ?

市販の育毛剤は、将来薄毛が心配なので、早い時期から予防をしたおきたいという方におすすめの商品です。

 

 

効果に関しては個人差がありますが、高い育毛効果は期待できない時もあるので注意が必要です。

 

 

発毛剤とは?


発毛剤は髪の生成を行う毛母細胞に作用し、積極的に発毛を促す効果があります。

 

 

髪の毛そのものを増やしたい(髪の毛を生やす効果を求めている)と思っている方には発毛剤がおすすめです。

 

 

発毛剤には、ミノキシジルやフィナステリドなど発毛成分と呼ばれる成分が配合されています。

 

 

育毛剤との違い

育毛剤との明確な違いとしては、発毛剤は医薬品であるという点です。

 

 

医薬品とは、治療を目的とした薬であり、厚生労働省から配合されている有効成分の効果が認められたものです。

 

 

そのため、医療機関で医師に処方をしてもらうか、市販の発毛剤は、薬剤師がいるドラッグストアなどでしか購入できません。

 

 

医薬品なので、副作用リスクも

医薬品なので副作用のリスクもあります。

 

 

体質に合わない場合や誤った使用方法をしていると副作用が起こる場合があります。

 

 

養毛剤とは?

養毛剤は頭皮と毛髪を健やかなに保つの事を目的として使用する商品です。

 

 

最近は、女性にも市販の養毛剤を使用する人が増えています。

 

 

養毛剤は、頭皮に負担をかけず抜け毛の予防を行いたいという方におすすめです。

 

 

養毛剤のカテゴリは化粧品

養毛剤は、カテゴリとして化粧品です。

 

 

発毛を促進するタイプの商品や抜け毛を抑制するタイプの商品がありますが、育毛や発毛効果はさほど期待できません。

 

 

医薬部外品でも医薬品でもありません。

page top